関西北摂を中心としたランチやスイーツ食べ歩き
ガイドブックにはあまり載っていないのですが、
1冊のガイドブックの端に、小さく載っていた写真に一目惚れ。
美瑛町白金温泉近くにある「青い池」に行ってみました。

近くまでは行ったものの、どこにあるのか分かりません。
ちょうど白金インフォメーションセンターがあったので、受付の方に聞くと、
地図を下さり、丁寧に教えて下さいました。

一応、案内の人はいますが、観光地としてはまだ整備されておらず、工事現場っぽいです。
駐車場も、砂利の空き地に適当に停めてください~って感じ。
駐車場から数分歩くと、林の奥に青いものがちらちら見えてきました。

うわ~ 碧い~
100915-36.jpg

青い空と青い水、白い木々達が幻想的な風景を映し出しています
100915-37.jpg

昭和63年12月に十勝岳が噴火後、火山泥流を貯めるため、
平成元年12月にブロックえん堤出来たところにに水が溜まり、
いつの頃からか、「青い池」とよばれるようになったそうです。

白金温泉地区で湧出している「白髭の滝」などから流れるアルミニウムを含んだ水と、
美瑛川の水と混ざり、青く見えるらしいのですが、
水が青く見える原因について、過去に行われた水質調査でも、詳しくは解明されていないとか。
神秘ですね~

その「白髭の滝」、全然知らなかったのですが、インフォメセンターの方に教えてもらったので
ついでに寄ってみました。
滝は、橋の上から見れるのですが、この橋が高い!
立ってられなくて、しゃがみこんで滝を覗き込んだのでした。
川も青い~
100915-38.jpg
関連記事
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/09/15 16:00】 | 観光:北海道・東北・関東
【タグ】 青い池  美瑛  白金  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック