関西北摂を中心としたランチやスイーツ食べ歩き
この日の目的は、やっぱり温泉♪
雄琴温泉「湯元館」へ。
091011-6.jpg

受付では、住所などを書かなくてはなりません。
ここでもまた紙を渡されました。何?
091011-14.jpg
にゃんと!あちこちに分かれているお風呂の、時間表~
掃除の時間があるので、計画をたてて入らねばなりません。
って言うか、こんなに色々分かれてるなんて知らなかったよー

内湯は今回諦めて、まずは8階眺望大浴場へ。
そんなに大きな湯舟ではありません。露天も2,3人でいっぱい。
景色は山側で、ちょっと残念。男風呂は、琵琶湖側で良かったそうです。

その後、5階と11階に分かれて、露天風呂へGO!
女性は11階の「月心の湯」。内湯はありませんが、室内に洗い場があります。
露天に出ると、これが・・・素晴らしい!!!
視界いっぱいに広がる、琵琶湖と空。塀が透明なので、湯舟に浸かったまま外が見れます。
大きな湯舟の他、外に向かって座って景色を楽しめる椅子もあります。
開放感いっぱいの露天風呂は、是非明るいうちに楽しみたいです。

この時間の男風呂は、大浴場と反対で、山側だったそうです。
お風呂は日替わりなので、1日違えば反対のお風呂。
ここのお風呂を満喫するには、泊って2日間、全ての湯舟に入るしかない!

雄琴温泉「湯元館」
住所:〒520-0102 滋賀県大津市苗鹿2丁目30-7
電話:077-579-1111(代
OPEN:11:00~15:00
定休日:無休
入泉料:1,500円
泉質:アルカリ性単純温泉
設備:馬油シャンプー、リンス、ボディソープ
駐車場:あり
HP:http://www.yumotokan.co.jp/
関連記事
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2009/10/11 11:00】 | 温泉:京都・滋賀
【タグ】 雄琴温泉  湯元館  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック