関西北摂を中心としたランチやスイーツ食べ歩き
山形の牛と言えば、米沢牛~ どうせなら豪勢に!
じゅんの誕生日祝をまだしていなかったので、かーくんがご馳走してくれました。
登起波分店「登」へGO!
100813-5.jpg

天地人の撮影で、妻夫木くんも来てるんですね
100813-6.jpg

一番お安いステーキで5,000円也・・・
これでも、米沢牛の中ではお手ごろ価格のようです。
100813-7.jpg

一組ずつ区切られているので、ゆっくり出来ます。
100813-8.jpg

お通しは手作り(?)ソーセージ。
粒マスタードをつけて、ぷりっとして美味しかったー
100813-9.jpg

メインのロースステーキは120g。ご飯とサラダもついています
100813-10.jpg

やはり、ステーキは変な味付けをせずにシンプルなのが好きです。
やわらかくておいしー。幸せなひととき・・・
100813-11.jpg

幸せな時間のあとは請求書が待っています。
じゃーん!壱萬円!!! かーくん、ゴチになります!ありがとう!
100813-12.jpg

最後に美味しい思い出を残し、山形を後にしました。

「登起波分店「登」」
住所:山形県米沢市金池5-10-21
電話:0238-21-1129
OPEN:11:29~15:00、17:00~21:00、土日祝11:29~21:00
定休日:無休?
駐車場:あり
HP:http://www.yonezawabeef.co.jp/noboru/index.html
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/13 12:00】 | グルメ:北海道・東北・関東
【タグ】 登起波分店「登」  米沢牛  ステーキ  
トラックバック(0) |
山形でしてみたかったこと。マイワインを作る!
ガイドブックで見て、是非やってみたいと、予約しました。
お邪魔したのは「紫金園」さん
100813-4.jpg

マイワインは、1本3,150円(一人分のぶどう狩り込み)
ぶどう狩りだけだと、一人600円で食べ放題~

まずはワイン用のぶどうともぎましょう。甘口ワインなので種類はデラウェア
びっしり実のつまった房より、すき間のある方が太陽がよく当たって甘いそうな。
もいでいる間、デラウェアは食べ放題~~~♪
100813-2.jpg   100813-1.jpg

1本のワインに必要な分、ぶどうをつんで、さあ、ワイン作りだー
手でひたすらつぶし、果汁を瓶につめていきます。
なんかにごってるけど、ちゃんとワインになるのかな?
絞っても絞っても、1本分のワインに必要な量にならないよー
100813-3.jpg

やっとの思いで果汁を作り、ラベルも手作り。
これを、紫金園さんで発酵、瓶詰めして頂いて、年末に送って下さるそうです。
(送料は別料金)
1本1本だなんて、手間暇かかって大変でしょうが、私たちは嬉しいです。
年末楽しみにしています~

「紫金園」
住所:山形県南陽市赤湯2836
電話:0238(43)2578
駐車場:あり
HP:http://www.mmy.ne.jp/ywine/maker/sutho/sutho1.html


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/13 09:00】 | 観光:北海道・東北・関東
【タグ】 紫金園  マイワイン  
トラックバック(0) |
山形に来たのですから、名物のいも煮を食べたいと思ったのですが、
いも煮の季節は秋なので、どこへ行けばいいか分かりません。
ガイドブックを見ると、郷土料理のお店があったのですが・・・

お店の名前は「れんげ草」さん。入った瞬間「しまったー」!
100812-35.jpg
上品な店員さんに、和室の個室・・・高級店だ!

飲み物も高そうな地酒が並びますが、我が家は日本酒が苦手・・・
なので、ラ・フランスのワインを頼むと品切れ、ならばと、さくらんぼワインを頼むと品切れ・・・
そんな甘いワインを頼む人って少ないんでしょうかねー
100812-37.jpg

お通しがカキ!
100812-36.jpg

米沢牛の串焼きは2本で630円、柔らかくておいしー
100812-38.jpg

枝豆は、だだちゃ豆(525円)と言う名前でした。
100812-39.jpg

そして、いも煮(840円)!ちょっと甘めのしょうゆだしが美味しかったです。
100812-40.jpg

天ぷら(1,050円)もサクッとして上品
100812-41.jpg

一つ一つのお皿も凝っていて味だけでなく、目でも楽しめるお店です。
周りは、ガンガン地酒や焼酎を頼んでいますが、我が家はひたすら食べる変な客。
ちょっと場違いで、肩身が狭かったです・・・

「れんげ草」
住所:山形県山形市本町2-4-6
電話:023-631-4678
OPEN:17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:日・祝
駐車場:あり
HP:http://rengesou.co.jp/


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/12 18:00】 | グルメ:北海道・東北・関東
【タグ】 れんげ草  山形  
トラックバック(0) |
山形に行ったら、是非行ってみたかった場所があります。
クラゲの水族館「加茂水族館」!
台風が近づく中、閉館が近い時間に行ったのに、超満員!
ノーベル化学賞を受賞した下村博士が訪問したことで、有名になったのでしょうか。

ちょうどクラゲのお食事タイムで、クラネタリウム(クラゲのコーナー)は人だらけ。
100812-28.jpg   100812-29.jpg

水槽の中に、動物プランクトンを入れてやり、待つことしばし。
クラゲの体内にプランクトンが入ると、クラゲの真ん中がオレンジ色になってきます。
100812-30.jpg
ただ、クラゲは自分から食事のために動くのではなく、
エサが体内に勝手に入ってくるのを待っているだけなのだとか。

クラゲをボーっと見ていると、癒されますね。
100812-31.jpg

水族館には、クラゲだけではなく、普通のお魚さん達もいますし、
ペンギンの食事タイムや、アシカ・アザラシのショーもあります。
100812-32.jpg

小さなプールではありますが、アシカくんも、係の方もほんわかしていて
アットホームなショーでした
100812-33.jpg   100812-34.jpg

かなり遊べますが、鶴岡市立なので入館料は大人800円と割安価格。
クラゲをボーっと見に行くにはいいですねー

「鶴岡市立加茂水族館」
住所:山形県鶴岡市今泉字大久保656
電話:0235-33-3036
OPEN:8:30~17:00(夏休み中(7/20~8/20)~18:00)
定休日:年中無休
駐車場:あり
HP:http://www.shonai.ne.jp/kamo/index.htm


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/12 15:00】 | 観光:北海道・東北・関東
【タグ】 加茂水族館  クラゲ  
トラックバック(0) |
山形と言えば、平田牧場の豚さん! 旅行前からチェック万全!
駐車場の広そうな、「とん七 鶴岡こぴあ店」へGO!
100812-24.jpg

やはり人気店のようで、数組待ってやっと入れました。
100812-25.jpg

コラーゲン入りのごまドレッシングで食べるキャベツや漬物も美味しかったし、
とんかつも衣はカリッと、お肉はやわらかくて美味しかったです。
100812-26.jpg   100812-27.jpg

「とん七 鶴岡こぴあ店」
住所:山形県鶴岡市余慶町1-6
電話:0235‐29‐5525
OPEN:11:30-15:00、17:00-22:00
定休日:無休?
駐車場:あり
HP:http://www.hiraboku.com/index.html


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/12 13:00】 | グルメ:北海道・東北・関東
【タグ】 とん七  鶴岡  平田牧場  とんかつ  
トラックバック(0) |
時代物映画やドラマの撮影と言えば、関西では太秦映画村が有名ですが、
最近の作品は、山形で撮っているものも多いって知ってました?
今回訪れたのは、2009年9月に出来たばかりの「庄内映画村オープンセット」。
歴史は浅いですが、座頭市など有名な作品も撮られてるんですよ。

最近出来た施設なので、カーナビにも載っておらず、観光案内にも載ってなくて
道沿いにある、小さな手書き看板を頼りに向かうのですが、
車2台ギリギリすれ違えるような、細い田舎道を延々走り、やっと辿り着きました。
他にもいかにも観光の車が沢山走っていたからよかったですが、
いなかったら、この道で本当にいいか、悩んでいたところでしょう。

入場料は、大人1,600円ですが、男女ペアなら二人で3,000円になります。
別途500円で、村内周遊バスが一日乗り放題です。
歩けない距離ではないので、歩ける人はいらないかも。
100812-22.jpg

まずは宿場町・山間集落エリアへ。大きな鳥居が見えてきます。
100812-6.jpg

立派そうに見えますが・・・

発泡スチロール(笑)
100812-7.jpg

広大な敷地を生かし、200mの街道セットも再現されています。
ちょうど雨が降って来て、人がいなくなったので、宿場町を貸切~
100812-2.jpg

建物の中はからっぽです(笑)
100812-3.jpg

刑場まで再現され、公開されているのは、ちょっとびっくり。
100812-5.jpg

反対側には魚村・農村エリア
映画のために1年かけて作った田んぼや、本当の神社の素材を使った神社もあります。
100812-9.jpg

座頭市で使われた建物が、そのまま見られるようになっています。
100812-10.jpg

小物もそのまんま。
100812-11.jpg   100812-13.jpg

衣装も無料で着て、写真撮影できます
100812-12.jpg

漁村エリアは、昔使っていたものを運んできているので、海の香りがしてきそう。
100812-14.jpg

入口近くには、「おくりびと」に登場した銭湯鶴乃湯が。
男性が女湯に堂々と入れる、数少ない機会ですよー!
100812-20.jpg

雑多な感じが、本物感を出しています。
100812-21.jpg   100812-23.jpg

日替わりで、コンサートもあるようです。この日は「jammin'Zeb」のコンサート。
男性4人組のジャズボーカルグループで、素敵なハーモニーでした。
写真はリハーサル風景なので、本番はちゃんと衣装を着ていたはずです。
100812-19.jpg  100812-18.jpg

時代劇から、現代物まで、色んなジャンルを撮っている庄内映画村。
新しい観光スポットに育っていきそうですね。

「庄内映画村オープンセット」
住所:山形県鶴岡市羽黒町川代字東増川山102
電話:0235-62-2134
OPEN:4~9月 9:00~17:00、10・11月 9:00~16:30
休村日:11月下旬~4月中旬(開村期間中は無休)、※悪天候時、休村あり
駐車場:あり
HP:http://www.s-eigamura.jp/html/set.html


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/12 10:00】 | 観光:北海道・東北・関東
【タグ】 庄内映画村オープンセット  
トラックバック(0) |
日本海沿いにいるのですから、やはり海産物を!
ガイドブックに載っていた、海沿いにある「とびしま」と言うお店に行ったのですが、
ひろーい駐車場はいっぱい、2階にあるお店は、階段沿いに1階まで長蛇の列~
まあ、人気があると言う事は、期待できるのかな?
100811-7.jpg

散々並んで、やっとレジにたどり着いた時には、お目当てのメニューは殆ど売切。
1,050円の海鮮丼を注文しました。あー舟盛り(1,050円!)食べたかったなー

お座敷とテーブルがありますが、お座敷がいっぱいだったので、
テーブルを選ぶと、順番待ちの列沿いのカウンター席に案内されました。
すぐ後ろにたくさんの人がいて、落ち着いて座っていられなかったのが残念でした。

海鮮丼は14品以上の海鮮がどどーんと乗っています。これで1,050円!
金沢の近江町市場で食べたものに負けていません!あちらは2,000円~
新鮮で、1,050円はお得!あー、舟盛り食べたかったなー(笑)
100811-9.jpg

朝は7時からやっていて、朝定食もあるようです。
うーん、朝定食も食べてみたいなぁ
100811-8.jpg

「海鮮どんや とびしま」
住所:山形県酒田市船場町2丁目5-10
電話:0234-26-6111
OPEN:7:00~19:00
定休日:2月24日
駐車場:あり(300台)
HP:http://www2.ocn.ne.jp/~sugasen/index.html



ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/11 12:00】 | グルメ:北海道・東北・関東
【タグ】 とびしま  酒田  海鮮  
トラックバック(0) |
この日の観光は、山形の海沿いの町、酒田。
岩礁に刻まれている十六羅漢は、漁師諸霊の供養と海上安全を願って彫られたものです。
100811-3.jpg

朝早いからか、地元の人達が散歩している位で、人気は少ないです。
海岸沿いに下りて行くと、自然に溶け込むように羅漢石仏が。
比較対象がありませんが、結構大きな石仏です。
100年以上の間、静かに海を見守っていたんですね・・・
100811-1.jpg   100811-2.jpg

「相馬楼」は、明治27年の庄内大震災で焼失した江戸時代の料亭を、建て替えたものです。
地域復興のため、あの!平田牧場が資金提供されたとのこと。太っ腹~
100811-6.jpg

受付に行くと、本当なら定休日だったのに団体さんの予約が入っていたので
開けていたとのこと。
しかも、通常料金700円に、プラス300円で鑑賞できる酒田舞娘踊りが、
普段なら14時からなのに、団体さんに合わせて10分後に始まるとか!
これは見なさいという神様の思し召しでしょう~

細い急な階段を上ると、広い広間に敷かれた畳が赤いのです!
そして、今流行の琉球畳のように、半畳敷きです。
これは、山形が紅花の産地なので、紅花で染めたそうです。
半畳敷きは、商売繁盛にかけたとのこと。

しばらくすると、酒田の舞娘さんの踊りが始まりました。
関西に住んでいながら、京都の舞妓踊りも見たことがないのですが、
素朴な感じで、一所懸命で可愛らしかったです。
100811-5.jpg

あ、余談ですが、この日泊まった宿も赤い畳でしたが、
紅花染めではなく、安そうな畳でした

「相馬楼」
住所:山形県酒田市日吉町1舞娘坂
電話:0234-21-2310
OPEN:10:00~17:00(舞娘鑑賞は14:00~)
定休日:水曜日(お盆、年末、年始は別途設定)
駐車場:あり
HP:http://www.somaro.net/


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/11 10:00】 | 観光:北海道・東北・関東
【タグ】 相馬楼  酒田  舞娘  
トラックバック(0) |
このブログでは、宿泊の記事はあまり書いていません。
我が家の旅行は食事と温泉がメインで、お宿にはこだわらないので・・・
普段ならブログには載せないのですが、この日の宿があまりにも強烈だったので
思い出に、記しておきたいと思います。

看板につられて、ふらっと入ったお宿「天然日向川温泉 爽やか」
シングル1,900円!?カプセルホテル?でも、ラジウム温泉までついてるし・・・
100810-19.jpg

靴をロッカーに入れ、中に入ると、券売機があります。
そこには、シングル2,370円とあります?入浴料は別料金?
和室に泊まると、一人3,670円なので、シングル2部屋にしようかと思っていると
シングル部屋に布団2つ敷いて、シングル料金×2=4,740円でいいよーとのこと。
100810-20.jpg

ありがたく部屋に行くと、すでに布団は敷いてありました。大きさ違うし・・・
TVもなし、トイレも共同です。その上、部屋は上部が開いていて、空調も共同です。
隣の人が缶ビールをプシュッと開ける音まで聞こえます。まあ、値段が値段ですしー
100810-22.jpg

「お風呂は21時半で終わり」とのお言葉。
えっ、日帰りだけじゃなく、宿泊者も21時半まで?
更衣室は結構広かったのですが、湯舟は一つお湯が入っていません。
シャンプーリンスもなし、更にシャワーはほとんど水しか出ません。うーん・・・

まあ、冷房のある部屋で寝られればいいかーと思いながら
持ち込んだワンセグテレビを音量なしで見ていると、カチッと音が。
えっ?と思っていると、どうも冷房を消された様子。マジですかーーー!!!
窓も開かず、扇風機もない。地獄だー
その上、部屋が一番端で道路に面しているため、
トラックが通るたびに騒音が。プラス、部屋が揺れます・・・
二人交代で部屋の扉と、すぐ近くの非常階段の扉を開け、風を入れましたが殆ど寝れず・・・

壁には、こんな張り紙が
100810-21.jpg

別料金で朝食も食べれますが、疲れきったので、朝早くにチェックアウトしました・・・
暑い時期じゃなければ、まだよかったのかもしれませんが、ちょっと辛かった夜でした。
和室にしておけば、冷房ついてたのかなー?

「天然日向川温泉 爽やか」
住所:山形県酒田市宮海字村東10-7
電話:0234-33-1155
駐車場:あり
HP:http://www.mapple.net/spots/S0000001028.htm 


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/10 21:00】 | 観光:北海道・東北・関東
【タグ】 天然日向川温泉  爽やか  酒田  山形  
トラックバック(0) |
日帰り入浴の時間を優先したので、お昼ご飯をまだ食べていません。
そんなペコペコお腹にぴったりなのが・・・
食べ放題~~~

それも、今まで食べたことのない、そばの食べ放題なのです~
そば街道の奥に、駐車場に車がいっぱい停まっている一軒の建物。
県外ナンバーもたくさんいます。
そここそ、もりそば食べ放題のお店「七兵衛そば」!
100810-16.jpg

昔の建物をそのまま使ったお座敷です。
100810-1 7

メニューは食べ放題のもりそば(1,050円)のみ
3種類のお漬物を食べながら、待つことしばし。
どどーん、とおそばが運ばれてきました。
100810-18.jpg
大根のおろし汁に、めんつゆを加えていただくのですが、おろし汁が辛い~
おつゆを足そうにも、おろし汁の入れ物になみなみとつがれているので、困る~
小さい子供にも、大根汁はちょっと無理だと思うので、
めんつゆ用の入れ物も欲しかったです。
じゅんは、湯のみにめんつゆ入れて食べたです・・・

太さや長さが違うおそばは、いかにも手作り。
すぐ隣の厨房でどんどん作られています。
茹で上がると、お盆に載せたおそばを持って「おかわりはいかが?」と回ってきてくれます。
かーくんは5、6杯、じゅんでも2.5杯位食べてしまいました。
食べたのが3時を過ぎていたので、夕飯は食べられませんでした

「七兵衛そば」
住所:山形県北村山郡大石田町次年子266
電話:0237-35-4098
OPEN:11:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:あり
HP:http://soba7bay.sakuraweb.com/top/#soba



ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/10 14:00】 | グルメ:北海道・東北・関東
【タグ】 そば食べ放題  七兵衛そば  山形  
トラックバック(0) |
今回の旅は山形がメインなので、山形方面へ向かいます。が、
途中で銀山温泉の近くを通るので、せっかくなので温泉に入って行きましょう。
と思ったのですが、お目当ての日帰り湯の旅館が・・・
100810-12.jpg

清掃でお休み~~~
100810-13.jpg

どうしようかと思いながら、地図を見ると、共同浴場がありました。
「しろがね湯」さんはお風呂には見えない建物・・・
100810-14.jpg

日帰り入浴500円。タオル付きです。
入ったところに受付のおじさんがいて、大きな荷物は預かってくれます。

小ぢんまりしていて、3人も入ればいっぱい、内湯のみです。
1階と2階い分かれていて、時間によって男女入れ替えのようです。
2階は窓があって明るいようですが、1階はほんのり暗いですね。
100810-15.jpg

源泉かけ流しのお風呂は、ほんのり硫黄と鉄の香りがします。
そんなに長い時間入ってなかったのに、汗だくで、なかなか汗が止まりません。
冷房もないので、じゅんが先に出て待っている間、
受付のおじさんが、1台だけある扇風機の風を当ててくれました。ありがとう~

「しろがね湯」
住所:山形県尾花沢市銀山新畑北415-1
TEL:0237-22-1111
OPEN:8:00~17:00
定休日:無休?
入泉料:大人500円 小人300円
泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)
設備:リンスインシャンプー、ボディソープ
駐車場:10~14時の間だけ旅館の駐車場に無料で駐車OK
HP:http://www.ginzanonsen.jp/


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/10 12:00】 | 温泉:北海道・東北・関東・中部
【タグ】 銀山温泉  しろがね湯  
トラックバック(0) |
2日目、朝から観光と参りましょう。まずは、鬼首かんけつ泉。

400円の入場料を払い、中に入ると、何人かの観光客が待っていました。
10~15分おきに、噴き上がるとのことなので、しばらく待っていると
ゆっくりと熱湯が噴き出してきました。
最初は低く、そのうちだんだん勢いよく噴き出して、後ろの木よりも高くなりました。
地下20mから、熱湯が約20mも噴き上げるそうです。
うーん、日本は火山の国なんだなーと実感できます。
100810-1.jpg   100810-4.jpg

売店では、温泉卵も売っていますが、生卵も1個単位で売っていて、
自分で温泉卵を作ることも出来ます。
100810-5.jpg

備え付けのかごに卵を入れ、待つこと十数分。
100810-2.jpg   100810-6.jpg

殻を割ると、まだトロトロで、白身がこぼれてしまいました。勿体無い~
でも、ちょっと塩を振って食べた温泉卵は、美味しかったです。
100810-7.jpg

この辺りは鳴子町。鳴子と言えばこけしが有名です。
100810-8.jpg

こけしを作っているところを見られたり、絵付け体験もできるところが沢山あります。
100810-9.jpg   100810-10.jpg

そして、鳴子峡。紅葉の季節はきれいだろうなー
100810-11.jpg



ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/10 09:00】 | 観光:北海道・東北・関東
トラックバック(0) |
仙台と言えば! 大阪で夢にまで見た、と言うのは大げさですが、
「味噌蔵 麺次郎」の味噌ラーメンを食べたーい!!!
ところが、定休日でもないのに、お休みだったのです・・・
でも、お腹は味噌ラーメンを欲しているので、近辺で探しました。
そして、見つけたのが「みそ壱」さん!閉店ギリギリに滑り込みました。
ラーメン屋さんって深夜までやったるイメージなのですが、
この辺りのお店は、結構早く閉まっちゃうんですよね・・・
100809-12.jpg

ひたすら味噌メニューが並びます。
100809-13.jpg

基本の、みそ壱ラーメン(590円)とみそつけめん(650円)を注文。
こってり系ではあるのですが、ちょっと甘みがあってマイルドな感じ。
吟醸系味噌が好きな我が家としては、少し傾向が違います
100809-14.jpg   100809-15.jpg

夜も遅いのですが、もう来れるチャンスがないと、
かーくんが黒みそラーメン(650円)を追加
100809-16.jpg

うーん、おなかいっぱいだー

「みそ壱」
住所:宮城県遠田郡美里町関根字堤筒79
電話:0229-34-3631
OPEN:11:00~22:00
定休日:なし
駐車場:あり
HP:食べログ http://r.tabelog.com/miyagi/A0403/A040301/4002182/


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/09 21:00】 | グルメ:北海道・東北・関東
【タグ】 みそ壱  宮城  
トラックバック(0) |
万華鏡美術館が、秋保温泉の近くにあるので、お風呂は秋保温泉「秋保テルメ」へ。
入館料は900円ですが、18時以降だと700円になります。
その代わり、プールや、一部のお風呂に入ることが出来ません。

内湯と露天は別々の場所にあるので、一度着替えて移動しなければなりません。
露天でゆっくりしたかったので、先に内湯に体を洗いに。
内湯にも窓はありますが、なんとなくさびしい。
貸切状態なのはいいんですけどね。

早々に着替えて露天に行くと、ここは人でいっぱい。
洗い場もありましたー
露天風呂は、川に面しているため、陽の高い内に入るべし!
思ったより全体に湯船は小さかったのですが、川からの風が気持ちよく、
夏にぴったりのお風呂でした。

「秋保温泉 ホテル華乃湯 秋保テルメ」
住所:仙台市太白区秋保町湯元字除33-1
TEL:022-397-3141
OPEN:10:00~22:00(土日祝23:00)
定休日:無休
入泉料:900円(18時以降700円)
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
駐車場:あり
HP:http://www.hananoyu.com/telme.html



ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/09 18:00】 | 温泉:北海道・東北・関東・中部
トラックバック(0) |
宮城、塩釜と言えば、マグロの産地!
やはり、マグロを食べずには通れないでしょう!
でも、塩釜のお店は高いところが多いでしゅ・・・

そんな中、直売・安さを売りに2008年春にOPENした食堂へ行ってみました。
「塩竃まぐろ直売・食堂」は、店舗は簡素ですが、その分安くでマグロが戴けます。
駐車場はないので、近くの有料駐車場に停めましょう。
100809-4.jpg

二組ほど待ちましたが、回転率は早いほうだと思います。
待っている間に、地元の方がマグロを買いに来られてました。
100809-7.jpg

産地のマグロがこの値段とは~
100809-5.jpg   100809-6.jpg

二色丼と日替わり丼をいただきました
100809-8.jpg   100809-9.jpg

ちょっと珍しい、マグロのガーリックレアステーキもなんと500円。
100809-10.jpg

最高級ではないのだと思いますが、地元のお客さんも通う、
ちょっと手軽に入れるマグロ屋さんですね。

「塩竃まぐろ直売・食堂」
住所:宮城県塩竈市海岸通4-1 プチパレビル1F
電話:022-366-8968
OPEN:平日11:00~16:00、土日祝11:00~19:00
定休日:なし
駐車場:なし
HP:http://www.shiogamaguro.jp/index.php



ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/09 12:00】 | グルメ:北海道・東北・関東
【タグ】 塩竃まぐろ直売・食堂  
トラックバック(0) |
さて、観光一日目。
前回前回行けなかった、松島へ行ってみることにしました。

点々と島があって、きれいでした。
まあ・・・特記事項はありません・・・
100809-2.jpg   100809-3.jpg

その後、仙台万華鏡美術館へ。
100809-11.jpg

写真撮影不可だったのが残念ですが、これは、実際に見るのがおススメです。
実際に触れる万華鏡もたくさんあります。
最近の万華鏡は、本物の花を使ったり、水を使ったり、色々あるんですね。
二度と同じ模様は見られないかもしれない万華鏡。
はかない美しさを見に行ってはいかがでしょうか。

「仙台万華鏡美術館」
住所:宮城県仙台市太白区茂庭字松場1-2
電話:022-304-8080
OPEN:9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
入館料:大人900円
定休日:なし
駐車場:あり
HP:http://www.iyashisekai.com/sendai/index.html



ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/09 09:00】 | 観光:北海道・東北・関東
【タグ】 松島  仙台万華鏡美術館  
トラックバック(0) |
夏休みですぜ!夏といえば東北が最近の恒例?
ってことで、東北へLet's Go!

一日かけて、夜に宮城へたどり着きました。
おなかも減ったので、ガイドブックにある、安くて美味しいと噂の回転寿司へ。
そこで、運命の出会いがあったのです!

お店の名前は「きらら寿司」
ナビに導かれて店につくと、どどーん!と「半田屋」の文字が。
「きらら寿司」は「半田屋」と同じ建物内に並んでありました。おお!すばらしい!
100808-1.jpg

何が?と思われるかもしれませんが、これには訳があります。
以前、宮城に来た時に寄った安くて美味しい回転寿司のお店「半助寿司
美味しかったので、また宮城に来た時には来ようと楽しみにしていたのに、
残念ながら閉店してしまったのです。

この半助寿司が半田屋の系列だったのですが、
きらら寿司も、半田屋と同じ建物って事は、系列の可能性が高い!
楽しみです!!

人気のあるお店のようで、順番待ちが十数組・・・
お店の広さはあまり広くないので、客席と順番待ちの人と
店員さんとお皿をのせるワゴンでぎゅうぎゅう詰めの感が。

やっと順番が来ました。食べるぞ~!
基本的に一皿105円。そして、味は・・・おいしー!
100808-2.jpg   100808-3.jpg

宮城は、安い回転寿司でも気を抜いてないですねー
100808-4.jpg

常連の人達は、メニューにないちょっと高めのネタを頼んでいて
おいしそうだったのですが、勇気がなくて頼めませんでした(ヘたれ)

ここはちょっとした一品も頼めるのですが、
これは、隣の「半田屋食堂」の厨房から持ってくるのかな?

「きらら寿司 箱堤店」
住所:宮城県仙台市宮城野区扇町3-5-1
電話:022-237-4144
OPEN:11:30~0:30
定休日:なし
駐車場:あり
HP:食べログ → http://r.tabelog.com/miyagi/A0401/A040102/4003393/


ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/08 20:00】 | グルメ:北海道・東北・関東
【タグ】 きらら寿司  仙台  回転寿司  半田屋  
トラックバック(0) |
ここ1,2年、わざわざ花火を見に行ってなかった気がするので、
今年はちょっと頑張って行くことにしました。
せっかくなので、行ったことのない場所に。
びわ湖大花火大会へGO!

大津って遠いぞーと思っていたのですが、調べてみたら
JRで大阪から新快速で40分で行けちゃうんですね!
運賃も、正規料金だと片道950円かかってしまいますが、
大阪~京都、京都~大津の回数券を分割してチケット屋で買うとかなりお得。
更に、行きは5時までに乗れば、「昼間特割きっぷ」を使えるので、
行きは500円、帰りも630円で乗る事が出来ました。

まだ明るいうちに大津に着き、場所を探し始めますが、
良さそうな場所は、かなりの割合で有料観覧席となっています。
それも、1席 前売り3,800円、当日券4,300円と結構な額!
まあ、並ぶ時間と労力を考えれば、時は金なりなのかもしれませんが、
二人だと8,000円前後。結構なディナーが食べれますぞ!
私たちは、花より団子を取ってしまいます・・・

前置きが長くなりましたが、なんとか無料の場所を確保し、花火を鑑賞。
広い空にいっぱいに花火が上がります。
100806-1.jpg

花火って真上に上がるものと思っていましたが、
空いっぱい花火にするために、斜めに上げたりもするんですねー
100806-2.jpg

また、花火が琵琶湖の水面にも映って、ゆらゆら揺れてきれいでした。

さて、行きは皆バラバラに集まりますが、帰りは一気。
PL花火は、帰ったら日付が替わってたとの噂もあります。
ぎゅうぎゅう電車は嫌なので、最後の花火が終わる前に席を立ちました。
フィナーレ花火は歩きながら見て、無事座って帰ることが出来たのでしたー



ランキングに参加しています。応援ポチっとして頂けたら励みになります
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
読んで頂いて、ありがとうございました


<広告>



【2010/08/06 20:00】 | 観光:関西
【タグ】 びわ湖  花火  
トラックバック(0) |